東京で目頭切開を受ける際の病院の選び方

よく相談に乗ってくれる医師を選ぼう

電話対応の良いクリニックはお勧めよく相談に乗ってくれる医師を選ぼう長く付き合える病院かどうか

4件ほどカウンセリングのアポイントメントをとって、仕事帰りに相談によりました。
全ての病院で目頭切開の注意点として言われたのは「腫れがひくのに時間がかかる」ということでした。
ほんの少しですが顔にメスをいれるわけなので腫れることは理解できました。
私がお世話になった医師はわかりやすいアドバイスをくれました。
術後はもちろんコンタクトレンズは使用できません。
手術前後で1週間程度は休暇をとってほしいということや、周りの人の目が腫れに向いているようで気になるならメガネをしばらく掛けるなどして対応するなど具体的なアドバイスをしてくれたのはとてもありがたかったです。
顔の好みには流行りがあるそうで、自分と感覚があう同じくらいの年代の医師がよく相談にのってくれます。
男性のほうがこだわりが強いようで、私は最終的に年齢が30代後半の男性医師にお願いをしました。
また医師は「どうして目頭切開をしたいのか」という点に関していろいろと質問を私自身にしてきました。
医師の方から目頭切開を希望する人に理由を具体的に聞くのは、「整形依存」にならないために心のバランスのカウンセリングも同時に行っているためです。
お金さえはらってくれればどんどん美容整形を繰り返してしまうのは「綺麗になりたい」、「自分を変えてみたい」という気持ちにつけこんだあまり歓迎できない医療行為です。